2019年2月16日土曜日

静岡マラソン2019徹底攻略!超フラットコースでベスト更新だ!

2019年2月24日(日)に静岡マラソンが開催されます。​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​
2019年大会は東京マラソンの日程変更に合わせて1週間早まりました。 
私は、2017年、2018年に続き3回目の参加となります。 

2019年からコースが大幅にアップデートされて走りやすくなること間違いなし!

本エントリーでは変更ポイントを中心に攻略法をまとめます。

コースの変更点

2018年のコース
2019年のコース
公式コースマップはこちら

大きく変わったところは36km地点のアップダウンが解消されたこと!!

赤丸部分の厳しいアップダウンがなくなっています
下記の写真のとおり、高架下道路が整備されたことで、海岸沿いから清水市街地までフラットに移動できるようになりました。
引用元:グーグルマップ
2018年までのコースをくぐるようになりました。
これによりフラットに移動可能。
かなり消耗している35km過ぎのアップダウンが解消されることが、タイムに大きく影響すると考えます。

20km過ぎからはずっと下り基調という国内屈指の高速コースに変貌したと言っても過言では無いでしょう!


オススメポイント 

  • アップダウンが少なく下り基調。
  •  特に海岸線は偏西風の関係で基本追い風基調!!ワンウェイのコースなので風を最大限利用しましょう。
注:2019年は強めの向かい風でした。2017年から参加していますが海岸線では海側から風が吹くことが多いと考えます。
  • スタート地点の幅が広く混雑しにくい。 
  • 朝早いので気温が低いうちにスタートできる。 
  • ナンバーカード等が事前送付なので、受付などで疲労することはない。(東京マラソンはマジで大変…)

攻略法 

高低図から前半にアップダウンがあるように思いますがほとんど気になりません。
15kmを過ぎたあたりから河川敷に入りますが、河川敷に入る登りの勾配がきつく、何回か耐える必要があります。
その後、海岸線に出たら緩やかな下り基調!
オーバーペースに気をつけてリズムよく走りましょう。
清水市内に入ると応援が後押ししてくれます。

ベスト更新を目指して頑張りましょう!

結果に関するツイートを埋め込みました


2019年2月11日月曜日

マラソンと健康 マラソンって体に良いの?資産形成だけでなく健康寿命も考える

当ブログでは健康で人生100年を楽しむというテーマで書いています。
そして、筆者はマラソンに勤しみタイムを追求しています。

しかし、果てしてマラソンは体に良いのでしょうか?

私の中の答えはNO!です。
しかし、体力はどれだけ鍛えても良いという研究結果があるようですよ。

1分で読める本項の概要

マラソンは身体へのダメージが大きい(特に内臓)しかし、体力的に優れているほど寿命が長いという研究データがあり、体はいくら鍛えても害はない。

  • 心肺機能が低い人にくらべて、アスリートレベルは早期死亡率が80%下がる
  • 心肺機能が高い人は、心肺機能がちょっと高いより死亡リスクが30%下がる
  • アスリートレベルは、心肺機能が高い人より死亡リスクがさらに30%下がる

何事もほどほどが一番!ライフスタイルにあった運動をお勧めします!


マラソンは体に良い?

マラソンは長時間にわたる過酷なレースです。
終わった後は、体を労うために打ち上げしたいですよね?
何時間も運動した後のビールとかめっちゃ美味そうじゃないですか?

私は過去約20レースマラソンに出場しました。
いつもレース後は、

「美味しいものたらふく食べて、酒を浴びるほど飲むのだ!」

と思いますが、何も食べたり飲んだりする気になれません 泣
人にもよりますが、そのくらいダメージが大きいです。

そのため、マラソンが体に良いかと聞かれれば、
NO!と即答します。

体を酷使しているアスリートの寿命は短いのか?

面白い研究結果をまとめている記事がありました。
平均年齢53.4歳の男女122,007人が対象。全員を24年にわたって追いかけた観察研究の結果が以下のとおり。
  • 心肺機能が低い人にくらべて、アスリートレベルは早期死亡率が80%下がる
  • 心肺機能が高い人は、心肺機能がちょっと高いより死亡リスクが30%下がる
  • アスリートレベルは、心肺機能が高い人より死亡リスクがさらに30%下がる
引用元:運動しすぎは良くないが、体力はどれだけ鍛えても害はないよ!という研究
アスリートはびっくりするほど長寿命だということがわかっているそうです。


人生100年時代を楽しむために

人生100年時代と言われている現在。
健康寿命を延ばすためにも、適度な運動はした方が良いと考えています。

「資産形成で老後に備えても、それを使えるだけの体力が無い 泣」

とならないように、健康にも気を使いましょう!
暴飲暴食もほどほどにね!



2019年2月4日月曜日

カーボローディング 体重を増やさずグリコーゲンを貯めよう!

1月から3月はマラソンシーズンですね。
毎週のようにビッグレースが続いています。

そこで、これからマラソンに出られる方の参考になると思われる、
カーボローディングについて紹介します。

カーボローディングとは

カーボ・ローディング(Carbohydrate Loading)とは、スポーツなどの場面で、運動エネルギーとなるグリコーゲンを通常より多く体に貯蔵するための運動量の調節および栄養摂取法である。グリコーゲン・ローディングとも呼ばれる。
引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/カーボ・ローディング

どんな食事がいいの?期間は?

カーボローディングについては最近の研究結果から、以下のとおりガイドラインが示されています。 

  • 最新のガイドラインではレース前36-48時間(1.5~2日間)の高糖質食摂取が推奨されています。 
  • カーボローディングで採用される高糖質食とは、24時間で体重1kgあたり10g程度の糖質をとることをさします。
  • レース前日からは特に消化の良い食事を心がけましょう。 
 引用元:https://www.marathon.tokyo/about/medical/medical_sport/index04.html 


いかがですか?
重要なのはレース2日前の食事です!
この日だけは意識して食事をとりましょう!

 ブログ村ランキングに参加中!
応援クリックお願いします!
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブスリー)へ
にほんブログ村

2019年2月3日日曜日

漸進性の原則 資産形成も健康も毎日コツコツが重要

マラソンに関する日記的なブログも開設していましたが、当ブログと統合することにしました。
そのため、今後は人生100年時代を楽しむために

健康×節約×資産形成

をテーマに記載していきます。(楽天ネタは他に優れたブログがあることがわかったのでw)

リニューアル後、初エントリーは

漸進性の原則

をテーマに書きたいと思います。

漸進性の原則とは 

順を追ってだんだんに進むこと→「目標に向かって漸進する」
少しずつ進歩すること→「漸進的に改良される」
マラソンや筋トレなどではよく使われる言葉です。
強くなるためにはゆっくりと少しずつトレーニングをきつくしたり時間を長くしたりして、負荷をあげていかなければならない
トレーニング負荷を上げるとそれに反応して体が強くなり、その負荷での運動が楽々できるようになります。
体のレベルアップに合わせて、少しずつトレーニングのレベルを上げていく必要があるということになります。
怪我を防止しながら成長していくためにも意識したい原則です。

マラソンも資産形成も同じ

「漸進性の原則」は資産形成にも当てはまるのかなと思っています。
特にインデックス投資では、時間や銘柄を分散させて長期間コツコツと行うことが推奨されています。

ということで、健康も資産も長い目で漸進させていく所存です。

…ブログ統合の理屈をこねただけです。