2019年1月28日月曜日

私の楽天スーパーポイント(期間限定ポイント)の使い方

楽天経済圏で生活していると、大量の楽天ポイントが付与されます。
しかしほとんどが期間限定ポイント。
期間限定ポイントは使途も限定されているため、どのように使うか悩ましいですね。

一つのケースとして私の使い方を紹介します。

1分で読める本項の概要

私の使い方は以下のとおり。
期間限定ポイントは付与翌月が失効期限であることが多いですが、付与月に使い切ってしまうことがほとんどです。
「ポイントは使ってナンボ」と考え積極的に使っています。

期間限定ポイントの使い方

  1. 楽天市場の買い物、特に楽天ふるさと納税で使う
  2. 実店舗、特にドラックストアで使う

番外編/通常ポイントの使い方

  1. 楽天証券で使う
  2. ANAマイルの交換する

楽天市場の買い物、特に楽天ふるさと納税で使う


楽天市場で買い物するときは、積極的にポイントを使うようにしています。
ポイントで買い物してもポイントが付与されるのが嬉しいですね。
2018年はふるさと納税をするときにポイントを使いました。
通常、自己負担が2,000円かかるのですが、ポイントを利用することでお得に納税することができます。

内部リンク:【ふるさと納税】楽天ふるさと納税徹底解説!

実店舗、特にドラックストアで使う


近所に楽天スーパーポイントが使えるツルハドラッグがあるので、
洗剤などの家庭用品、子育て用品などはツルハドラッグで買い物しています。
大量購入する場合は楽天市場、スポット購入する場合はツルハドラッグという使い分けですね。

番外編/通常ポイントの使い方

楽天証券で使う


楽天証券で投資信託買付にはポイントを積極的に使っています。
上表は特定口座でスポット購入した時のものです。
つみたてNISAにも1,000ポイント/月使うように設定していますが、これにはデメリットもあります。
ポイントで買付する場合、楽天銀行からのリアルタイム出金に該当しないため、ハッピープログラムの対象取引になりません。
なので、毎日100円積立を15本設定している場合、10本分がポイント付与対象外となるため、10本×3ポイント=30ポイント減少することになります。

ANAマイルの交換する


私はよく飛行機に乗るので、ANAマイルにも変更しています。

1楽天スーパーポイント=1円換算
1ANAマイル=2円換算

として考えているため、片道1万5千円を超える場合はマイルを使っています。
ANAマイルの価値を最大限に高めるために、国際線でビジネスクラスに乗ることが最も効率がいい※と言えますが、使わないことが一番勿体無いので、ポイント・マイルなどは積極的に使うようにしています。

※国際線でビジネスクラスに乗る場合、1ANAマイル=10円程度の価値に跳ね上がります。

内部リンク

お買い物マラソン・超ポイントバック祭の開催状況をまとめました
【楽天市場】お買い物マラソン・超ポイントバック祭の開催状況

楽天ふるさと納税について徹底解説!
【ふるさと納税】楽天ふるさと納税徹底解説!

関連リンク

ツイッターでも情報発信しています。follow me!

楽天ふるさと納税は下記画像リンクから手続きできます。