2019年1月1日火曜日

【ふるさと納税】私のふるさと納税 of the year 2018はコレ!

あけましておめでとうございます。
2018年は初めて楽天ふるさと納税を介して寄付をしました。
楽天市場で通常の買い物と同様に取り扱われるので、お買い物マラソンや超ポイントバック祭などのイベント中に寄付をすると10%超のポイントバックが受けられるのが最大のメリットです。
2018年9月のスーパーセールで寄付実施。1万ポイント以上付与されました。
ふるさと納税は高額になるため威力絶大です。

本項では2018年ふるさと納税の返礼品の中でもっとも満足度の高かったものを紹介します。

1分で読める本項の概要 

私のふるさと納税 of the year2018は、山形県寒河江市の米の定期便!


リンクの商品は売り切れです。
精米したてのお米を6ヶ月間送っていただけるのは、想像以上に買い物が楽になるとともに、家計にも優しい。
ふるさと納税のイメージ

今までは精肉と野菜を選んでいたけど

2017年までは返礼品として精肉と野菜を選んでいました。
特に理由はありません。何となくスーパーで売っているものより美味しそうだなと思っていました。
しかし、鮮度が命の精肉と野菜は消費するのが大変でした。
そこで、2018年はお米を注文しようと探したところ、6ヶ月と長期にわたる定期便を発見しました。
それが、山形県寒河江市の米の定期便です。
毎月10kg精米したてのお米を送ってくれます。

今の家族構成では丁度良い

現在の家族構成は大人2人、幼児2人となっております。
米の消費量は毎日3合くらいです。
定期便は11月から始まり2ヶ月経ちますが、丁度10kgが消費され、余ることも買い足すこともありません。

2019年も継続したい

子供が大きくなるとはいえ、急激に消費が増えることは無いでしょう。
そのため、2019年も米の定期便を継続したいと思っています。
しかし、ふるさと納税の制度自体が見直される可能性が高くなっており、いつまで注文出来るかわかりません。
次の通常国会で地方税法の改正が議案として提出されると言われています。
そのため、私は年が明けて注文出来るようになったら出来るだけ早く寄付をしたいと思います。(寒河江市が復活しなかったら他の定期便を探します…)
できればお買い物マラソンなどのイベント中に寄付したいですね。
(2018年は1月にお買い物マラソン、2月に超ポイントバック祭が開催されています)


ふるさと納税は「楽天ふるさと納税」がオススメ(または「ふるなび」) 

ふるさと納税は各地方公共団体のHP等で直接手続きを行えますが、「楽天ふるさと納税」や「ふるなび」などのポータルサイトからも手続きが出来ます。
簡単に特徴をまとめると以下のとおりです。

  • 楽天ふるさと納税:納税(寄付)に楽天スーパーポイントが使えて、通常の買い物と同様にポイントが付与される 
  • ふるなび:返礼品に金券類が豊富にある(ただし、いつ削除されるかわからない) 
  • ふるさとチョイス:返礼品数No.1!(20万品以上) 

返礼品は基本的に農産物などが多いのですが、ふるなびではギフトカードなどの有効期限の無い返礼品も取り扱っています。
ギフトカードなどの金券類を求める場合は、ふるなび1択になりますが、 その他のポータルサイトを比べた時に、ポイント制度の観点から楽天ふるさと納税が群を抜いています。 返礼品数が多くても選ぶのに困るだけですから…
上述のとおり、「楽天ふるさと納税」は納税(寄付)に楽天スーパーポイントが使えます。(【重要】期間限定ポイントも使えます
また、通常の買い物と同様にポイントが付与されるので、お買い物マラソンや超ポイントバック祭の時に納税(寄付)するのがオススメです。

関連リンク

ツイッターでも情報発信しています。follow me!
 http://twitter.com/rakuten_ecolife

楽天ふるさと納税は下記画像リンクから手続きできます。