2018年12月8日土曜日

楽天経済圏の生活についてブログを開設します

2018年夏...楽天経済圏に引越をし、色々と学ぶことがあったためブログを開設しました。

1分で読める本項の概要

  • ANAマイルを貯める前提でハピタス経由で「楽天カード」を作成。 
  • 楽天カードは簡単に還元率10%を超えるスーパークレジットカードだった。(Amazonからの移住を決心) 
  • 入会キャンペーンで楽天スーパーポイントを貯めていく中で、「楽天経済圏」と出会う。 
  • 楽天証券や楽天銀行などを駆使して資産形成(ideco、積立nisa)を開始。 
  • 今後、当ブログでは楽天経済圏のサービスを考察しまとめていきます。 


 ■楽天カードとの出会い~そもそも私はANAマイラーだった~ 

私は飛行機によく乗るため、ANAマイルを貯めています。
ANAマイルを貯める方法として…
  • 日々の買い物をANAカードで決済。 
  • ハピタスなどのポイントサイトを活用してANAマイルに変更可能なポイントを貯める。 
<ハピタスについてはこちら>
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

以上が代表的な方法です。
ポイントサイトを活用してクレジットカードを作成すると、5,000マイル~10,000マイル程度貯めることができます。
そのため、年に一度程度使わなくなったクレジットカードを解約し、新しくサービスを開始したクレジットカードを作る事としています。

この夏にクレジットカードの整理も兼ねてハピタス経由で楽天ポイントカードを作成しました。
その際に8,000ハピタスポイント(約6,400ANAマイル相当)と5,000楽天スーパーポイントをゲットしました。
 楽天スーパーポイントをゲットするためには、新規登録キャンペーンをいくつかクリアしなければなりませんでした。
その際に、今まで使っていなかった楽天市場を使ってみました。




(画像は2018年10月〜12月の獲得ポイント(12月7日時点))

 ■Amazonからの楽天市場への移住 

私は、小さな子供が2人いるので、オムツをはじめとする生活用品をAmazonで定期購入していました。
通販はオムツなどの大型な荷物も家まで届けてくれるので非常に便利です。
しかもAmazon prime会員なら送料無料。(※prime videoも見放題)
 そんなAmazonにどっぷりはまって生活していた私ですが、楽天市場と出会って衝撃を受けました。 
たまたま、楽天カードを作った直後(2018年9月)楽天スーパーセールが始まるので、 オムツを購入しようと楽天市場内を徘徊していると… 

  • パンパース購入でポイント20%還元!(スーパーDEAL) 
  • P&G商品ポイント最大12倍!  
(画像はオムツを購入した際についたポイント)

高還元率の商品やキャンペーンが山ほどありました。
しかも、たくさんの店舗で買い回りをすることで還元されるポイントがアップする制度があり、 簡単に楽天スーパーポイントが1万ポイント以上貯まりました。 
このように高還元率のポイントシステムに惹かれ、Amazonから楽天市場への移住を決心しました。




(画像は投資信託の積立などによる取引ポイント)

 ■楽天経済圏の充実なサービスにどっぷりはまる

楽天経済圏で大量の楽天スーパーポイントをゲットしたのはうれしいのですが、
ほとんどのポイントが「期間限定ポイント」という有効期限が1~2ヶ月程度のポイントとなっています。
これが楽天経済圏の最大のネックであり、期間限定ポイントをどのように使うのか戦略を立てる必要があります。
「このポイントを使って次々と買い物をさせるのが楽天の戦略か…」と感じつつ、
期間限定ポイントをどのように使うか考えました。

その結果…
  • 楽天市場で定期的に生活用品を買う時に使う 
  • 楽天ふるさと納税で使う 
  • 実店舗(ドラッグストアなど)で使う 

という方法でポイントを活用するようにしています。
この中で注目していただきたいのは、「楽天ふるさと納税」です。

<楽天ふるさと納税についてはこちら>


ポイントを使って納税(寄付)出来るので、他のふるさと納税ポータルサイトより優れていると考えています。
多数の金券を取り揃える「ふるなび」のようなポータルサイトと比べて、一般的な返礼品である米やフルーツなどしか取り扱っていませんが、 期間限定ポイントを使って納税(寄付)でき、しかも通常の楽天市場での買い物と同じようにポイントも還元されます。

また、楽天証券で投資信託を積み立てることでもポイントをゲットすることが出来ます。 投資信託の積み立てにポイントを使えることも他の証券会社と比べて優れている点として挙げられます。
このようにして楽天経済圏にどっぷりはまっています。
その中でいかにポイントを貯めるか?どのようにポイントを貯めるのか?を日々考えています。

当ブログでは楽天経済圏のサービスを考察しまとめていきたいと考えています。
よろしくお願いします。


■関連リンク

ツイッターでも情報発信しています。follow me!
 http://twitter.com/rakuten_ecolife

楽天経済圏を活用するためには、楽天カード、楽天銀行、楽天証券は作っておかなければなりません。
まだ作っていない方は、下記リンクから作成できます。