2018年12月26日水曜日

【つみたてNISA】下落相場の今、出口戦略を考える

日経平均株価が日々下落していますね。2018年12月25日の終値は、前週末比1010円安の1万9155円と2017年4月以来、約1年8カ月ぶりの水準となっています。
24日の米ダウ工業株30種平均の下げ幅が653ドルに達し、上海総合指数も一時、年初来安値となりました。

つみたてNISAをきっかけに投信積立を始めた方は、今月の下落相場で戸惑うこともあると思いますし、投資をやめて売却を考えられている方もいるかもしれません。

本項では投資を止めるのは今なのか?いつまで続けるのか?
出口戦略について考えてみたいと思います。

1分で読める本項の概要

長期投資を始めたばかりであればやめる必要はない。
株式投資は買い時よりも売り時が難しい。
長期投資で重要なのは、下落相場に左右されない出口戦略を考えること。
いつになったら売却(もしくは低リスク商品にスイッチ)するのか、いくらになったら売却するのかを考えること。
下落相場の今、自分の取れるリスク許容度を考える。


つみたてNISAの概要(引用元:金融庁HP

つみたてNISAとは、特に少額からの長期・積立・分散投資を支援するための非課税制度です(2018年1月からスタート)。
つみたてNISAの対象商品は、手数料が低水準、頻繁に分配金が支払われないなど、長期・積立・分散投資に適した公募株式投資信託と上場株式投資信託(ETF)に限定されており、投資初心者をはじめ幅広い年代の方にとって利用しやすい仕組みとなっています。
つみたてNISAでは、毎年40万円を上限として一定の投資信託が購入可能です。
各年に購入した投資信託を保有している間に得た分配金と、値上がりした後に売却して得た利益(譲渡益)が購入した年から数えて20年間、課税されません。
非課税で保有できる投資総額は最大800万円となります。



引用元:金融庁HP

2018年に積み立てた投資は2037年までが非課税になります。
 非課税期間の20年間が終了したときには、NISA口座以外の課税口座(一般口座や特定口座)に払い出されてしまうため、このタイミングまでにどのようにするのか考えておく必要があります。(そのまま一般口座or特定口座で保有し続けるということもあり得る)


出口を考える

株式投資において入口は買うこと。出口は売ることを意味します。
長期投資であれば、買う→保有する→うるの方がイメージしやすいでしょうか。
売るタイミングは非常に難しいと思います。
上昇相場では「まだ上がるかも」と考えると思いますし、下落相場では「いつか上昇に転ずるだろう」と考えるでしょう。
これについては「売って現金化」する以外の出口を知っていれば多少柔軟に考えられるかもしれません。
例えば、リスクの高い商品(株式など)を売ってリスクの低い商品(債券など)を買ってもいいでしょう。(スイッチング)
または、高配当ETFを買って分配金を生活の原資にしてもいいかもしれません。
特に上昇相場では、上昇トレンドの途中でもこのような判断をすることは間違いではないと思います。

注:投資商品を入れ替えるスイッチングとは、保有している金融商品を売却し、別の金融商品を購入することで入れ替えることです。このスイッチングをNISA口座・ジュニアNISA口座で行う場合、売却しても、その分の非課税投資枠を再利用できず、購入するためには、その年の非課税投資枠を新たに利用することになります。


いつになったら売る?いくらになったら売る?をイメージしておく

長期投資をしているのは何のためでしょうか?
退職後の生活資金を確保するためであったり、子供の教育資金に充てるためであったり、ただ単純に余裕資金を積み立てている場合もあるでしょう。
「何のために長期投資をしているのか」
当初の目的を見失わなければ、まとまったお金がいつ必要なのか、いくら必要なのか、どのような出口戦略が必要なのか見えてくると思います。
逆を言うと今まとまったお金が必要でなければ積立をやめる必要はないと言うことです。

下落相場の今、リスク許容度を確認


つみたてNISAをきっかけに投信積立を始めた方は、2018年初は上昇相場だったので「投信積立って儲かるんだ!」と考えた方もいるかもしれません。
しかし相場は上がり下がりするものなので、いつまでも上昇するわけではありません。
この12月のような下落もあると言うことを念頭においておく必要があります。
長期投資の最終盤にこのような局面を迎えると思うと怖いですね。
改めてリスク許容度を考える必要があります。
あまりリスクを取りたくない方は、積立する商品を債券を含むファンド、
例えばダイワ・ライフ・バランス30 、楽天・インデックス・バランス・ファンド(債券重視型)などのファンドを積み立てていくのもいいかもしれません。(どちらも債券比率7割のファンド)

関連リンク

ツイッターでも情報発信しています。follow me!
 http://twitter.com/rakuten_ecolife


トウシル(楽天証券)の関連記事です。
売り時を考える-(1)上昇途中で売るか、上昇トレンド終了後に売るか