2018年12月26日水曜日

【つみたてNISA】下落相場の今、出口戦略を考える

日経平均株価が日々下落していますね。2018年12月25日の終値は、前週末比1010円安の1万9155円と2017年4月以来、約1年8カ月ぶりの水準となっています。
24日の米ダウ工業株30種平均の下げ幅が653ドルに達し、上海総合指数も一時、年初来安値となりました。

つみたてNISAをきっかけに投信積立を始めた方は、今月の下落相場で戸惑うこともあると思いますし、投資をやめて売却を考えられている方もいるかもしれません。

本項では投資を止めるのは今なのか?いつまで続けるのか?
出口戦略について考えてみたいと思います。

1分で読める本項の概要

長期投資を始めたばかりであればやめる必要はない。
株式投資は買い時よりも売り時が難しい。
長期投資で重要なのは、下落相場に左右されない出口戦略を考えること。
いつになったら売却(もしくは低リスク商品にスイッチ)するのか、いくらになったら売却するのかを考えること。
下落相場の今、自分の取れるリスク許容度を考える。


つみたてNISAの概要(引用元:金融庁HP

つみたてNISAとは、特に少額からの長期・積立・分散投資を支援するための非課税制度です(2018年1月からスタート)。
つみたてNISAの対象商品は、手数料が低水準、頻繁に分配金が支払われないなど、長期・積立・分散投資に適した公募株式投資信託と上場株式投資信託(ETF)に限定されており、投資初心者をはじめ幅広い年代の方にとって利用しやすい仕組みとなっています。
つみたてNISAでは、毎年40万円を上限として一定の投資信託が購入可能です。
各年に購入した投資信託を保有している間に得た分配金と、値上がりした後に売却して得た利益(譲渡益)が購入した年から数えて20年間、課税されません。
非課税で保有できる投資総額は最大800万円となります。



引用元:金融庁HP

2018年に積み立てた投資は2037年までが非課税になります。
 非課税期間の20年間が終了したときには、NISA口座以外の課税口座(一般口座や特定口座)に払い出されてしまうため、このタイミングまでにどのようにするのか考えておく必要があります。(そのまま一般口座or特定口座で保有し続けるということもあり得る)


出口を考える

株式投資において入口は買うこと。出口は売ることを意味します。
長期投資であれば、買う→保有する→うるの方がイメージしやすいでしょうか。
売るタイミングは非常に難しいと思います。
上昇相場では「まだ上がるかも」と考えると思いますし、下落相場では「いつか上昇に転ずるだろう」と考えるでしょう。
これについては「売って現金化」する以外の出口を知っていれば多少柔軟に考えられるかもしれません。
例えば、リスクの高い商品(株式など)を売ってリスクの低い商品(債券など)を買ってもいいでしょう。(スイッチング)
または、高配当ETFを買って分配金を生活の原資にしてもいいかもしれません。
特に上昇相場では、上昇トレンドの途中でもこのような判断をすることは間違いではないと思います。

注:投資商品を入れ替えるスイッチングとは、保有している金融商品を売却し、別の金融商品を購入することで入れ替えることです。このスイッチングをNISA口座・ジュニアNISA口座で行う場合、売却しても、その分の非課税投資枠を再利用できず、購入するためには、その年の非課税投資枠を新たに利用することになります。


いつになったら売る?いくらになったら売る?をイメージしておく

長期投資をしているのは何のためでしょうか?
退職後の生活資金を確保するためであったり、子供の教育資金に充てるためであったり、ただ単純に余裕資金を積み立てている場合もあるでしょう。
「何のために長期投資をしているのか」
当初の目的を見失わなければ、まとまったお金がいつ必要なのか、いくら必要なのか、どのような出口戦略が必要なのか見えてくると思います。
逆を言うと今まとまったお金が必要でなければ積立をやめる必要はないと言うことです。

下落相場の今、リスク許容度を確認


つみたてNISAをきっかけに投信積立を始めた方は、2018年初は上昇相場だったので「投信積立って儲かるんだ!」と考えた方もいるかもしれません。
しかし相場は上がり下がりするものなので、いつまでも上昇するわけではありません。
この12月のような下落もあると言うことを念頭においておく必要があります。
長期投資の最終盤にこのような局面を迎えると思うと怖いですね。
改めてリスク許容度を考える必要があります。
あまりリスクを取りたくない方は、積立する商品を債券を含むファンド、
例えばダイワ・ライフ・バランス30 、楽天・インデックス・バランス・ファンド(債券重視型)などのファンドを積み立てていくのもいいかもしれません。(どちらも債券比率7割のファンド)

関連リンク

ツイッターでも情報発信しています。follow me!
 http://twitter.com/rakuten_ecolife


トウシル(楽天証券)の関連記事です。
売り時を考える-(1)上昇途中で売るか、上昇トレンド終了後に売るか

2018年12月16日日曜日

【ふるさと納税】ワンストップ特例制度よりも確定申告をした方が有利な場合がある

ふるさと納税ワンストップ特例制度よりも確定申告をした方が有利なケースがあるそうです。
本項では確定申告をした方がよい事例について解説します。

1分で読める本項の概要

ワンストップ特例制度場合は住民税から控除、確定申告の場合は所得税と住民税から控除される。

寄付額≦控除限度額の場合

ワンストップ特例制度でも確定申告でも控除額は同じ!(寄付額-2,000円が控除対象)

寄付額≧控除限度額の場合で住宅ローン控除を受けている場合

ワンストップ特例制度の方がお得な場合がある!
注:住宅ローン控除で所得税からの控除枠を使っているため、寄付金控除が十分に受けられない場合がある

寄付額≧控除限度額の場合で住宅ローンを使っていない場合

控除限度額についてはしっかりシミュレーションしておきましょう

 控除限度額のシミュレーションはおおよその年収から概算するものと、源泉徴収票から概算するものがある。

補足

既にワンストップ特例制度を利用していても、確定申告することでその手続きを無効にできます。
確定申告する場合、ワンストップ特例制度はすべて無効になるため、すべての寄付について申告書に記載し、寄附金受領証明書を提出する必要がある。 
何はともあれ、控除をしっかり受けたいのであれば、控除限度額内に収まるように余裕を持って寄付をしましょう。(寄付はシミュレーションで出た概算額の9割の額にするなど)
楽天ふるさと納税のシミュレーターのイメージわかりやすいです

ふるさと納税とは(総務省HPから引用) 

ふるさと納税のイメージ
ふるさと納税とは、自分の選んだ自治体に寄附(ふるさと納税)を行った場合に、寄附額のうち2,000円を越える部分について、所得税と住民税から原則として全額が控除される制度です(一定の上限はあります。)。
例えば、年収700万円の給与所得者の方で扶養家族が配偶者のみの場合、50,000円のふるさと納税を行うと、 2,000円を超える部分である48,000円(50,000円-2,000円)が所得税と住民税から控除されます。(ワンストップ特例制度の場合は住民税から控除)
総務省HPより引用 控除のイメージ

控除を受けるためには 

控除を受けるためには、原則として、ふるさと納税を行った翌年に確定申告を行う必要があります。
ただし、平成27年4月1日から、確定申告の不要な給与所得者等は、ふるさと納税先の自治体数が5団体以内である場合に限り、 ふるさと納税を行った各自治体に申請することで確定申告が不要になるふるさと納税ワンストップ特例制度が始まりました。
確定申告とふるさと納税ワンストップ特例制度の二つの方法で控除される税目が違います。
注目したい点は、
確定申告の場合、所得税と住民税から控除される 
ワンストップ特例制度の場合、住民税からのみ控除される 
という点です。
控除限度額以内であれば控除額に違いはありません。
しかし、税目によって算出方法が異なるため、控除額に差が出てきてしまいます。
ケーススタディについては詳しくまとめられているこちらのサイトを参照してください。

関連リンク:【ふるさと納税】楽ちん「ワンストップ特例」で済ませず「確定申告」すべき理由

しっかりシミュレーションして控除限度額を把握しよう 

控除限度額のシュミレーションはおおよその年収から概算するものと、過去の源泉徴収票から概算するものがあります。
総務省のサイトにも算定資料がありますが、残念ながら年収から概算する簡易なものです。
私が確認した限りでは、下記の二つのシミュレーションがオススメです。
年収から概算する簡易シミュレーション(楽天ふるさと納税のサイト
 源泉徴収票から概算するシミュレーション(ふるさとチョイスのサイト

控除限度額をオーバーしてたけど、ワンストップ特例制度の書類を提出してしまった場合 

既にワンストップ特例制度の書類を提出してしまっていても大丈夫です。
確定申告することで、ワンストップ特例制度の手続きは無効になります。
複数自治体で寄付をし手いる場合、すべて無効になりますので、すべての寄付について確定申告書に記載する必要があります。
また、寄附金受領証明書も提出する必要がありますので捨てずに保管しておきましょう。
「ワンストップ特例制度を使ったからいらないと思って捨ててしまった!」
という方は、寄付した自治体から再発行してもらうことが出来ます。
 (再発行不可な自治体もあるようですが、一旦問い合わせて見ましょう)

内部リンク

ふるさと納税関連エントリです。

楽天ふるさと納税について徹底解説!

関連リンク

ツイッターでも情報発信しています。follow me!
 http://twitter.com/rakuten_ecolife

楽天ふるさと納税は下記画像リンクから手続きできます。

2018年12月9日日曜日

【つみたてNISA】楽天スーパーポイントを毎月1,000ポイント貯める方法(クレジット決済より有利!)

2018年10月から投資信託の積立の引き落とし方法として、楽天カードでクレジット決済ができるようになりました。
これにより、毎月500ポイントをゲットすることができることになりました。
でも、これ以上に効率よくポイントを獲得する方法があるのです。

引用:楽天証券HP
投信積立をクレジットカード決済することでポイントがもらえます

1分で読める本項の概要

クレジット決済の場合500ポイント/月に対して毎日積立なら約1,000ポイント/月獲得可能。

設定方法

  • 楽天証券の場合、つみたてNISAだけ毎日積立ができる。
  • 楽天証券と楽天銀行をマネーブリッジで連携し、自動入出金(スイープ)設定をする。(画像1参照)
  • マネーブリッジでスイープ設定した上で、投信購入を行うと、ハッピープログラムの取引件数に計上される。(画像2,3参照)
  • ハッピープログラムでは1取引につき最大3ポイント獲得できる。15本の投資信託で100円で毎日積立を実施すると、1日45ポイント×営業日のポイントをゲット。(画像4参照)
画像1 楽天銀行からのマネーブリッジ設定方法
画像2 取引ごとに3ポイントゲット!
画像3 取引件数でスーパーVIPになれます
画像4 毎月1,000ポイント付与されます

マネーブリッジと自動入出金(スイープ)の設定方法

まずは、楽天銀行と楽天証券をマネーブリッジで連携する必要があります。
楽天銀行から設定する場合は、画像1のとおり、

「My Account」→「資産運用」→「マネーブリッジ」

をクリックします。
まずは「マネーブリッジ利用状況」(上段)で楽天銀行と楽天証券を連携させます。
その後「自動入出金(スイープ)」(下段)で設定するだけです。
ここで、重要なことは「自動出金時(入金時)に残す金額」は0円にしておくことです。
この設定で、投信積立1件ごとに楽天銀行から出金されることになるため、「ハッピープログラム対象取引」にカウントされることになります。
画像1再掲 楽天銀行からのマネーブリッジ設定方法

楽天証券から設定する場合は、設定方法を説明している公式ホームページを参照ください。

積立注文(つみたてNISA設定/受付)の設定方法

続いて積立注文の方法について説明します。
複数の積立注文も同時に設定できます。
まず、商品を選択します。

「積立注文」をクリック。(画像5参照)

画像5 積立注文をクリックする

「1 引落口座と引落日を選択」で、「証券口座」を選択します。

証券口座のみ毎日積立が選択できます。(画像6参照)
画像6 一番上の証券口座を選択

積立タイミングは「毎日」を選択します。

「2 金額,分配金コースの設定」は、100円を選択します。(画像7参照)
※ポイント付与は、100円でも1,000円でも1取引に3ポイント(VIP以上の場合)のため、100円で15本の投資信託を積み立てるのが最もポイント効率がいいです。

画像7 毎日積立を選択し、積立金額は100円に設定

これで15本設定すれば、下記画像のとおり、1取引につき3ポイント(VIP以上の場合)貯まります。
画像2 取引ごとに3ポイントゲット!

会員ステージを「スーパーVIP」にするには

1取引につき3ポイントゲットするためには、楽天銀行の優遇プログラムである「ハッピープログラム」の会員ステージを「VIP」以上にする必要があります。
条件は、「残高100万円以上 または 取引20件/月以上」になります。
画像8 会員ステージの条件と優待内容

毎日積立をしていれば、ひとつの投資信託でひと月あたり約20件の取引になりますので、15件設定すれば取引開始の次の月にはスーパーVIPになります。
下の画像は、11/26〜12/9の14日間の取引件数です。
126件になっており、余裕でスーパーVIPです。
画像3 取引件数でスーパーVIPになれます

まとめ

以上が資産形成をしながら月間約1,000ポイントを稼ぐ方法です。
クレジット決済の限度は500ポイントですが、積立NISA40万円の枠内で積み立てる場合、333ポイント/月となりますので、この方法の方が優位です。
20年積み立てることを考えると、年間12,000ポイント、20年で24万ポイント貯まることになり、効果は絶大です。
ポイントは積立注文にも使えますし、特定口座で他の商品を積立てもいいですね。
楽天証券でのSPU対象は、500円以上のポイント投資が対象なので、100円の積立ではポイントを利用しても対象になりませんので注意してください)

ハッピープログラムとは(公式HPより引用) 

ハッピープログラム」は楽天銀行のお客さま優遇プログラムです。 エントリーするだけでお取引ごとに楽天スーパーポイントが貯まり、楽天スーパーポイントを振込手数料に利用できるようになります。 またATM手数料が最大7回/月、振込み手数料が最大3回/月まで無料に!

関連リンク

ツイッターでも情報発信しています。follow me!
 http://twitter.com/rakuten_ecolife

楽天経済圏を活用するためには、楽天カード、楽天銀行、楽天証券は作っておかなければなりません。
まだ作っていない方は、下記リンクから作成できます。


2018年12月8日土曜日

楽天経済圏の生活についてブログを開設します

2018年夏...楽天経済圏に引越をし、色々と学ぶことがあったためブログを開設しました。

1分で読める本項の概要

  • ANAマイルを貯める前提でハピタス経由で「楽天カード」を作成。 
  • 楽天カードは簡単に還元率10%を超えるスーパークレジットカードだった。(Amazonからの移住を決心) 
  • 入会キャンペーンで楽天スーパーポイントを貯めていく中で、「楽天経済圏」と出会う。 
  • 楽天証券や楽天銀行などを駆使して資産形成(ideco、積立nisa)を開始。 
  • 今後、当ブログでは楽天経済圏のサービスを考察しまとめていきます。 


 ■楽天カードとの出会い~そもそも私はANAマイラーだった~ 

私は飛行機によく乗るため、ANAマイルを貯めています。
ANAマイルを貯める方法として…
  • 日々の買い物をANAカードで決済。 
  • ハピタスなどのポイントサイトを活用してANAマイルに変更可能なポイントを貯める。 
<ハピタスについてはこちら>
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

以上が代表的な方法です。
ポイントサイトを活用してクレジットカードを作成すると、5,000マイル~10,000マイル程度貯めることができます。
そのため、年に一度程度使わなくなったクレジットカードを解約し、新しくサービスを開始したクレジットカードを作る事としています。

この夏にクレジットカードの整理も兼ねてハピタス経由で楽天ポイントカードを作成しました。
その際に8,000ハピタスポイント(約6,400ANAマイル相当)と5,000楽天スーパーポイントをゲットしました。
 楽天スーパーポイントをゲットするためには、新規登録キャンペーンをいくつかクリアしなければなりませんでした。
その際に、今まで使っていなかった楽天市場を使ってみました。




(画像は2018年10月〜12月の獲得ポイント(12月7日時点))

 ■Amazonからの楽天市場への移住 

私は、小さな子供が2人いるので、オムツをはじめとする生活用品をAmazonで定期購入していました。
通販はオムツなどの大型な荷物も家まで届けてくれるので非常に便利です。
しかもAmazon prime会員なら送料無料。(※prime videoも見放題)
 そんなAmazonにどっぷりはまって生活していた私ですが、楽天市場と出会って衝撃を受けました。 
たまたま、楽天カードを作った直後(2018年9月)楽天スーパーセールが始まるので、 オムツを購入しようと楽天市場内を徘徊していると… 

  • パンパース購入でポイント20%還元!(スーパーDEAL) 
  • P&G商品ポイント最大12倍!  
(画像はオムツを購入した際についたポイント)

高還元率の商品やキャンペーンが山ほどありました。
しかも、たくさんの店舗で買い回りをすることで還元されるポイントがアップする制度があり、 簡単に楽天スーパーポイントが1万ポイント以上貯まりました。 
このように高還元率のポイントシステムに惹かれ、Amazonから楽天市場への移住を決心しました。




(画像は投資信託の積立などによる取引ポイント)

 ■楽天経済圏の充実なサービスにどっぷりはまる

楽天経済圏で大量の楽天スーパーポイントをゲットしたのはうれしいのですが、
ほとんどのポイントが「期間限定ポイント」という有効期限が1~2ヶ月程度のポイントとなっています。
これが楽天経済圏の最大のネックであり、期間限定ポイントをどのように使うのか戦略を立てる必要があります。
「このポイントを使って次々と買い物をさせるのが楽天の戦略か…」と感じつつ、
期間限定ポイントをどのように使うか考えました。

その結果…
  • 楽天市場で定期的に生活用品を買う時に使う 
  • 楽天ふるさと納税で使う 
  • 実店舗(ドラッグストアなど)で使う 

という方法でポイントを活用するようにしています。
この中で注目していただきたいのは、「楽天ふるさと納税」です。

<楽天ふるさと納税についてはこちら>


ポイントを使って納税(寄付)出来るので、他のふるさと納税ポータルサイトより優れていると考えています。
多数の金券を取り揃える「ふるなび」のようなポータルサイトと比べて、一般的な返礼品である米やフルーツなどしか取り扱っていませんが、 期間限定ポイントを使って納税(寄付)でき、しかも通常の楽天市場での買い物と同じようにポイントも還元されます。

また、楽天証券で投資信託を積み立てることでもポイントをゲットすることが出来ます。 投資信託の積み立てにポイントを使えることも他の証券会社と比べて優れている点として挙げられます。
このようにして楽天経済圏にどっぷりはまっています。
その中でいかにポイントを貯めるか?どのようにポイントを貯めるのか?を日々考えています。

当ブログでは楽天経済圏のサービスを考察しまとめていきたいと考えています。
よろしくお願いします。


■関連リンク

ツイッターでも情報発信しています。follow me!
 http://twitter.com/rakuten_ecolife

楽天経済圏を活用するためには、楽天カード、楽天銀行、楽天証券は作っておかなければなりません。
まだ作っていない方は、下記リンクから作成できます。